個人再生 住宅 条件

  • 離婚

    調停離婚とは、家庭裁判所で行われる夫婦関係調整調停を利用して、離婚やその条件について話し合いを行い、合意することで成立させる離婚の方法をさします。一般に、夫婦関係調整調停は離婚調停とよばれており、離婚協議が進展しない際の最も有力な選択肢です。離婚調停では、配偶者と顔を合わせることが原則として一切ないため、DVやモ...

  • 雇い止めとは

    上記にくわえて、労働者において有期雇用契約の更新を期待することに合理的な理由が存在する場合も、社会的相当性が雇い止めの条件になります。 ■無期転換有期雇用契約が少なくとも1回以上更新され、かつ通算の契約期間が5年を超える場合、労働者の申し込みに応じて使用者は当該労働者と期間の定めがない雇用契約を締結しなければなり...

  • 不当解雇・強制解雇

    強制解雇については法律で厳しい制限が課されており、その条件をクリアしていない限り解雇は違法とみなされます。この違法な解雇を不当解雇と呼びます。 ■強制解雇の条件労働契約法16条は強制解雇について「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」と規定...

  • 残業代請求

    ■残業代の発生条件と割増率労働基準法は労働時間を1日あたり8時間週40時間に制限しています。この制限を超えて労働者を働かせた場合、罰則の対象になります。しかし、いわゆる36協定を締結することによってこの規制を回避できます。その代わり時間外労働の時間に応じて割増賃金を支払わなければなりません。これが残業代です。単な...

  • 労働問題の種類

    ■労働条件をめぐる労働問題労働時間や休暇日数など賃金以外の労働条件をめぐる問題です。法律の制限を超える残業や休日出勤などが挙げられます。他にも転勤や育児休暇・介護休暇の取得、フレックスタイム制など新しい制度の導入をめぐってトラブルになることがあります。 ■解雇をめぐる問題不当解雇や雇い止めなど労働者の雇用そのもの...

  • 債務整理を弁護士に依頼するメリット

    債務整理には、自己破産、個人再生、任意整理等の制度があります。自己破産は、自らの財産を処分することと引き換えに全ての債務を返済する責任から逃れることができます。個人再生は、一部の返済義務を負いながらも、自らの財産を処分することなしに債務額の一部をカットすることができます。任意整理は、上記二制度と異なり裁判上の手続...

  • 個人再生

    個人再生とは、債務の返済が滞っているときに、債務の一部を免除してもらい、残額を数年以内に返済するといった債務整理の中の一手法です。以下個人再生について説明します。 まず、個人再生は、上述したように債務の一部を免除してもらう制度であるため、残額は返済期日までに支払う必要があります。・債務総額が5000万円以内である...

  • 特定調停

    任意整理と同様に、最終的に残額の借金を返済しなければならないので、この制度を用いるためには、安定した収入があることと、残額の借金を3年以内に返済できることが特定調停における条件となります。では、特定調停はどのような手続きによって進行するのでしょうか。以下説明します。 ①特定調停の申立て特定調停の申立ては、原則とし...

  • 任意整理

    以下は、債務整理の一種である自己破産や個人再生と比較して、任意整理のメリットやデメリットについて説明します。 ・メリット任意整理は、究極的には当事者間の「話し合い」であり、自己破産や個人再生と異なり裁判上の手続きを経ることなく用いることができます。よって、裁判にかかる費用や時間を節約できるところに大きなメリットが...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

幡地弁護士
弁護士
幡地 央次(はたじ ちかつぐ)
所属団体
  • 京都弁護士会

事務所概要

名称 紫葵法律事務所
代表者 幡地 央次(はたじ ちかつぐ)
所在地 〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館3階
KRP BIZ NEXT
TEL・FAX TEL:075-315-9386  / FAX:050-3606-3203
対応時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝 (事前予約で休日も対応可能)