紫葵法律事務所 > 債務整理

債務整理に関する基礎知識や事例

お金を借りる場面は日常生活において多々ありますが、返済が滞ってしまった人、返済をすることがもはや現実的でなくなってしまった人に対して、永遠に借金を負わせるのはあまりにも酷であると言えます。
以上のような人を保護するために、債務を整理する制度が設けられました。以下債務整理を代表する3つの制度について簡単に説明します。

・自己破産
これは、自らの財産をほとんど処分されることと引き換えに、債務の全額を免除できる制度のことをいいます。新たなスタートを切りたい人には適した制度ですが、手元には99万円以下の現金しか残らないこと、特定の仕事を一定期間できなくなるという不利益があります。

・個人再生
自らの財産をそのままに、債務の一部をカットしてもらう制度です。返済義務は相変わらず残りますが、処分したくない家や車等の財産がある場合には、この制度を用いることを検討しても良いでしょう。

・任意整理
貸金業者との話し合いによって、債務の一部や利子をカットしてもらう制度のことをいいます。上記2つの制度と異なり、裁判上の手続きではなく、債権者に拘束力はありませんが、その分、迅速に債務を減らすことが可能です。

上記3つの制度それぞれにメリットとデメリットがあります。どの制度を用いれば良いのかは、その人の借金額、職業、貸金業者等の要素によって変化します。また、以上の制度を弁護士に依頼した際には、貸金業者からの直接の取り立てをなくすことができます。

紫葵法律事務所は、京都市、亀岡市、宇治市、草津市を中心に、債務整理、労働問題等の様々な問題を取り扱っております。
お困りのことがございましたら、ぜひ当法律事務所へご相談ください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

幡地弁護士
弁護士
幡地 央次(はたじ ちかつぐ)
所属団体
  • 京都弁護士会

事務所概要

名称 紫葵法律事務所
代表者 幡地 央次(はたじ ちかつぐ)
所在地 〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館3階
KRP BIZ NEXT
TEL・FAX TEL:075-315-9386  / FAX:050-3606-3203
対応時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝 (事前予約で休日も対応可能)