紫葵法律事務所 > その他法律問題

その他法律問題に関する基礎知識や事例

法律トラブルは様々ですが、そのどれもが等しく、複雑化・深刻化してしまう可能性を秘めています。

例えば、相続問題。
ほとんど全ての人が一度は経験する相続ですが、金額が少額であってもトラブルに発展するケースは少なくありません。また、争いの相手が赤の他人でなく親族であることから、様々な思惑や感情が絡み合い、解決が難しくなってしまうこともあります。だからこそ、第三者であり法律の専門家である弁護士に解決をお任せいただくことが重要になるのです。

そしてこれは、離婚に関するお悩みも同じです。
特に、ご夫婦の話し合いのみで離婚を成立させることができる「協議離婚」において、早く離婚を成立させたいために十分な話し合いをせずに離婚してしまった結果、後から慰謝料や養育費に関して後悔してしまうケースがあります。
離婚成立前に弁護士にご相談いただくことによって、養育費の支払いを公的な書類に残す方法や、場合によっては慰謝料の増額の可能性についてなど、幅広くアドバイスさせていただくことができます。

この他にも、「家族が詐欺事件の被害に遭ってしまった」あるいは「詐欺被害に遭っているのかもしれない」といった詐欺に関するご相談や、「借金の整理をしたい」といった債務整理に関するお悩み、「顧客から商品の代金を支払ってもらえない」「貸したお金がいつまでも返ってこない」などの債権回収に関するお悩みに広くお応えしております。
まずはお気軽に、紫葵法律事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

幡地弁護士
弁護士
幡地 央次(はたじ ちかつぐ)
所属団体
  • 京都弁護士会

事務所概要

名称 紫葵法律事務所
代表者 幡地 央次(はたじ ちかつぐ)
所在地 〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館3階
KRP BIZ NEXT
TEL・FAX TEL:075-315-9386  / FAX:050-3606-3203
対応時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝 (事前予約で休日も対応可能)