原状回復 費用

  • 賃貸住宅における原状回復費用|借主はどこまで負担するべき?

    原状回復義務とは、住居の賃貸借契約を締結し、その契約終了又は途中解約する際に、借主が部屋に設置した物を取り除いて部屋を返還する義務のことをいいます。そして、原状回復すべきものの範囲としては、契約前の状態に戻して返す必要はありません。通常、部屋に借主が住み続ければ、経年で劣化・消耗していくのは当然であるため、その消...

  • 離婚

    裁判に要する費用や時間も少なくないため、裁判離婚は最終手段であると考えるべきでしょう。 ■離婚問題を弁護士へ相談するメリット離婚問題は、プライベートな問題として捉えられがちです。しかしながら、離婚後の生活を大きく左右する問題点がいくつもあり、法的な検討や対応が必要になる場面も多くあります。全てを一人で解決しようと...

  • 特定調停

    申立ての際には、特定調停申立書,財産の状況を示すべき明細書その他特定債務者であることを明らかにする資料及び関係権利者一覧表などの書類を作成し,申立手数料(収入印紙)及び手続費用(予納郵便切手)と併せて,裁判所に提出する必要があります。 ②調査期日の指定及び調査期日当日調停係に事件記録が回ったときに、特定調停として...

  • 任意整理

    よって、裁判にかかる費用や時間を節約できるところに大きなメリットがあるといえます。また、自己破産等と同様に、任意整理の行使後は、債権者からの督促を止めることができます。最後に、協議の内容によっては、債務の大幅なカットをすることもできます。もっとも、債権者にとってはなるべく多くの金額を返済して欲しいと考えるのが通常...

  • 自己破産にかかる費用相場

    このように、債務者が無資力であるから自己破産を申請するのですが、それにもかかわらず自己破産にはそれなりの費用がかかります。自己破産の概略的な流れとしては、まずは自己破産は債務者ないしはその債権者が裁判所に破産手続の開始を申し立てることから始まります(破産法18条1項)。そして、債務者が支払不能(法人の場合は債務超...

  • 未払い退職金の時効

    こちらの手続きは訴訟と比較して、費用が安く、迅速に解決できるといったメリットが存在しています。 ADRを利用しても相手が交渉に応じない、和解に至らないなどの理由で退職金が回収できない場合には、訴訟を提起します。裁判上の請求を起こすことで手続き終了まで時効の完成が猶予され、その後は確定判決が出た場合は時効が更新、確...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

幡地弁護士
弁護士
幡地 央次(はたじ ちかつぐ)
所属団体
  • 京都弁護士会

事務所概要

名称 紫葵法律事務所
代表者 幡地 央次(はたじ ちかつぐ)
所在地 〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館3階
KRP BIZ NEXT
TEL・FAX TEL:050-5526-1830  / FAX:050-3606-3203
対応時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝 (事前予約で休日も対応可能)